iGold ─ 前立腺癌・肝癌における体内金属マーカー

category:要旨
2016.11.21

iGold ─ 前立腺癌・肝癌における体内金属マーカー
北海道大学病院放射線治療科特任助教 西岡健太郎

 iGold is the first kit product in Japan that was codeveloped by Hokkaido University Hospital and Medikit
Co., Ltd.; it contains gold fiducial markers and introducer catheter set and can be used for prostate and liver cancer
radiotherapy. Because the markers are true sphere, the three-dimensional coordinates of the gravity center of
these markers are easily and accurately calculated. In addition, the markers are suitable for tumor tracking using
the pattern recognition template. Therefore, iGold is the golden standard in terms of positioning accuracy.

 iGoldは北海道大学病院とメディキット株式会社が共同開発した日本初の位置決め用金属マーカーのキット製品で、現在前立腺癌および肝癌の放射線治療時に使用できる。マーカーが真球であることから三次元座標を正確に算出可能であり、動体追跡能力にも優れることから、位置決めの精度の点でゴールデンスタンダードと言える。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る