膵がんに対する追尾IMRT

category:要旨
2016.11.21

膵がんに対する追尾IMRT
京都大学大学院医学研究科放射線腫瘍学画像応用治療学 後藤容子、 溝脇尚志、 平岡眞寛

 We have started dynamic tumor-tracking intensitymodulated radiotherapy (DT-IMRT) for patients with
locally-advanced pancreatic cancer (LAPC) using the gimbaled linac of Vero4DRT from June 2013. DT-IMRT
for LAPC under real time monitoring using Vero4DRT enables us to treat moving tumors due to respiration with
high accuracy and to reduce the dose to surround normal tissues without sacriticing tumor dose. DT-IMRT with
Vero4DRT for LAPC is less invasive treatment method and seems very promising.

 2013年6月よりVero4DRTを用いて膵がんに対するリアルタイムモニタリング下の動体追尾強度変調放射線治療(動体追尾IMRT)を世界で初めて開始した。これは呼吸により移動するがん病巣をモニタリングしながら高い精度で照射する動体追尾の技術にIMRTを融合した治療法であり、放射線による高い治療効果と消化管毒性低減の両立により膵がんの予後改善が期待される。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る