VMAT(回転型強度変調線治療)による 定位照射(SRT)

category:要旨
2016.11.21

VMAT(回転型強度変調線治療)による定位照射(SRT)
東京大学医学部附属病院放射線科放射線治療部門 山下英臣

 In our department, stereotactic radiation therapy (SRT) using volumetric modulated arc therapy (VMAT) method
has been performed for not only brain metastasis, but also primary and metastatic lung tumors, primary and
metastatic liver tumors, and locally advanced prostate cancer, which are covered by insurance. VMAT-SRT has
been undertaken for early renal tumor and metastatic mediastinal or hilar lymph nodes which are not covered
by insurance, too, as clinical trials.

 当科では、脳転移にだけでなく、リンパ節転移のない原発性肺癌・1~3個の転移性肺癌、肝細胞癌・肝転移、局所進行前立腺癌に保険適応内で回転型のIMRTであるVMATでSRTを実施している。保険適応外ではあるが、臨床試験として、早期の腎細胞癌、縦隔・肺門リンパ節転移に対してもVMATSRTを実施している。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る