脊椎転移に対する定位放射線治療

category:要旨
2016.11.21

脊椎転移に対する定位放射線治療
がん・感染症センター都立駒込病院放射線診療科(治療部) 伊藤 慶、 唐澤克之

 Results of several phase 2 trials and numerous prospective and retrospective studies have been
published, but those of randomized control trials have not. Although promising results are seen in the reports,
some future topics to discuss remains. Therefore, it is required to judge carefully whether we conduct spine
SBRT in the daily clinic.

 現在、脊椎SBRTに関する複数の第II相試験と数多くの前向き・後向き研究の結果が明らかとなり、その良好な成績から有望な治療と言える。しかし、未だエビデンスは不十分な状況であり、至適線量や線量処方法など議論が必要な点も多く、日常臨床で施行するには慎重な検討が必要である。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る