前立腺癌に対する 定位放射線治療の現状と課題

category:要旨
2016.11.21

前立腺癌に対する定位放射線治療の現状と課題
埼玉医科大学国際医療センター包括的がんセンター放射線腫瘍科 宮澤一成、 鹿間直人、 加藤眞吾

 Stereotactic body radiation therapy (SBRT) for localized prostate cancer is emerging as a treatment
option. However long term effectiveness and safety of SBRT in the definitive treatment of prostate cancer are
not well established. Further study to establish feasibility of SBRT for localized prostate cancer and carefully
provision in clinical situation are required.

 前立腺癌に対する定位放射線治療は、高い局所制御および従来の分割照射と同程度の有害事象であることが示されており、
本邦では2016年4月より限局性前立腺癌に対して保険適応が拡大された。しかし、長期成績や安全性はまだ十分に確立しておらず、さらなる検討が必要である。一般臨床で行うには慎重な対応が望まれる。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る