中枢性肺癌

category:要旨
2016.11.21

中枢性肺癌
広島大学病院放射線治療科 木村智樹

 Stereotactic body radiotherapy for central lung tumors, which are typically located close to the serial
organs, is still considered controversial. The reports vary in their dose/fraction schedules, and the optimal
dose/fraction schedule for central tumors remains still unknown. Multi-institutional clinical trials, such as
JROSG10-1 and RTOG0813, have undergone and it has continued looking for the optimal dose/fraction schedule.

 中枢性肺癌に対する体幹部定位放射線治療(SBRT)は気管・気管支などの直列臓器への高線量照射による致死的な有害事象が問題となり、
様々な線量分割法が報告されているものの、安全性の面において確立されたとは言えない状況である。現在、多施設臨床試験としては、
国内ではJROSG10-1、海外ではRTOG0813が行われ、至適な線量分割法について模索が続いている。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る