撮影装置の変化にたいして 撮影手技の対応は必要か

category:要旨
2016.10.28

撮影装置の変化にたいして撮影手技の対応は必要か
聖路加国際病院放射線科 小山智美

 デジタルシステムにおいては画像表現の仕方はブラックボックスであり、ポジショニングの良否によって大きく
変わる可能性がある。再現性のある画像を提供するためには、使用するシステムを熟知するとともに、撮影手技の
基本を理解して実践していくことが重要である。
 In the digital mammography system, ways of representing images is a “black box”.
 Appearance of images may change depending on the operator’s positioning skills.
 It is important to be familiar with the using system, and also to understand and practice the basis of
positioning protocol to provide reproducible images.

RadFan2016年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る