トモシンセシスを 検診に導入すると

category:要旨
2016.10.28

トモシンセシスを検診に導入すると
香川県立中央病院乳腺センター 白岩美咲

 当院では乳がん検診に従来の2D撮影に加えてトモシンセシスを導入し、約2年半の間に約8,000件の検診を行
っている。検診へのトモシンセシスの導入はわが国ではまだ数少ないが、欧米では多数の研究報告がされている。
本稿では、当院でトモシンセシス導入前に行った検討事項、導入後の運用・読影の実際を報告し、その有用性を紹
介すると共に、今後の課題について検討する。
 Tomosynthesis is a new technology of mammography(MG). In the United States and European
countries, there are many reports of breast cancer screening using tomosynthesis, but in Japan are not
yet. We are screening the approximately 8000 cases between August 2016 from April 2014 in
mammography combined with tomosynthesis. In this paper, I discussed the effectiveness of this screening
study and the difficulties found in the system and diagnosis by my some experienced cases. I’ve shown
some resolving ways for these problems, but a few problems are remained. They are needed to
approach in future.

RadFan2016年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る