当院における FPD導入時の取り組み

category:要旨
2016.10.28

当院におけるFPD導入時の取り組み
昭和大学病院放射線室 高橋寛治

 FPD導入後、画質向上、低被ばく、さらに撮影スループットの向上に期待した。実際に画質の向上や線量低減、
画像確認までに要する時間は短縮された。撮影部位によっては撮影方法を変更することも必要であった。被ばくの
管理や撮影方法の変更前後で臨床に影響がない画像の提供を行うことは我々診療放射線技師の責務である。
 FPD has been anticipated the improvement of image quality, examination throughput and the
reduction of radiation exposure. In fact, these anticipations have been achieved after adoption.
Depending on the parts of examination, adoption of the FPD would be needed the modification of
imaging technique. Management of radiation exposure and provision of clinical image which is no
affected by imaging technique are obligation of radiological technologists.

RadFan2016年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る