脳核医学はやっぱり3検出器

category:要旨
2016.09.28

脳核医学はやっぱり3検出器
国立循環器病研究センター循環器病統合イメージングセンター・センター長 中川原譲二

 最新の3検出器型SPECT装置GCA-9300Rでは、放射性医薬品のエネルギープロファイルに適したコリメータ
の選択と画像再構成法(3D-OSEM) の改良によって、99mTc製剤を用いた脳血流SPECTでは検査時間の著しい
短縮、123I製剤(IoflupaneやIomazenil)を用いたSPECTでは位置分解能の向上が得られる。
 Using newly developed 3 detector-typed SPECT scanner(GCA-9300R), adequate selection of
collimator suitable for energy profile of radiopharmaceuticals and improvement of image reconstruction
method such as 3D-OSEM could provide marked shortening of examination time for CBF-SPECT using
99mTc labeled tracer and improvement of spatial resolution of SPECT using Iodine-123 labeled tracers
as Ioflupane or Iomazenil.

RadFan2016年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る