SPECT定量―theranostics

category:要旨
2016.09.28

SPECT定量―theranostics
金沢大学医薬保健研究域医学系核医学 絹谷清剛

 定量性に関わる技術進歩によってSPECTの定量性向上が図られている。また、内用療法の広がりと呼応して、
内用療法における定量評価が注目されるに至っている。Theranosticsのよりよい実践にとってSPECT定量性向
上は必須である。
 Improvement in quantifying SPECT data has been achieved through technical development.
Increasing demand for targeted radionuclide therapy enhances requirement of data quantification
before and during therapy. Development in this regard is essential to better perform theranostics.

RadFan2016年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る