並列型PET/MRで何が分かるか?

category:要旨
2016.09.28

並列型PET/MRで何が分かるか?
*1九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学分野、 *2同 分子イメージング・診断学講座、 *3Philips Electronics Japan
亀井僚太郎*1、 渡邊祐司*2、 鷺山幸二*1、 Hong Sungtak*2、3
本田 浩*1

 PET/MR装置はPET/CTと同等のPET性能に加え、MRの優れた組織コントラストと多彩なシークエンスを用
いて病変性状に関する情報を提供でき、PET/CTを凌駕する有用な診断ツールである。本稿では並列型PET/
MR装置の使用経験を基に、PET/MR検査の概要、適応分野、新たな診断学的パラメータの可能性について腫瘍
イメージングを中心に紹介する。
 Recent advent of hybrid PET/MR imaging has brought new insights in body imaging by simultaneously
acquiring both anatomical and functional information of various tissues. Compared with PET/CT, PET/
MR can reduce the radiation dose and yield better lesion-to-normal tissue contrast with MR, which
brings new approach to tumor characterization. In this report, we introduce the imaging workflow,
clinical and research application, a few technical aspects, and potential diagnostic parameters
regarding PET/MR.

RadFan2016年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る