拡散強調画像のトピックス

category:要旨
2016.08.30

拡散強調画像のトピックス
東京大学医学部附属病院放射線部 鈴木雄一

 拡散強調画像に関するホットトピックを紹介する。まず、解析法としてNODDIとVERDICTだ。これらは、拡散を
3つの成分に分けて考え、解析するものである。また高速撮像技術と歪み補正技術も解説する。
 高速撮像技術は、同時に複数のスライスを励起し、撮像時間短縮が可能な技術だ。歪み補正技術は、磁化率に伴
う歪みを補正する技術である。
 I introduce the topics about the latest diffusion weighted image analysis and technique. The up-andcoming
analytical method is NODDI and VERDICT. These methods use three compartment model. NODDI
can estimate microstructural complexity of dendrites and axons in vivo. VERDICT couples DW-MRI to a
mathematical model of tumor tissue to access features such as cell size, vascular volume fraction,
intra- and extracellular volume fractions and pseudo-diffusivity associated with blood flow. The up-andcoming
imaging method is new fast imaging techniques and distortion correction. The new fast imaging
techniques were slice accelerated technique, can reduce scan time to image multiple slices at the same
time. The distortion correction technique was called TOPUP. This is a tool for estimating and correcting
susceptibility induced distortions.

RadFan2016年9月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る