高速撮像法

category:要旨
2016.08.30

高速撮像法
獨協医科大学越谷病院放射線部 宿谷俊郎

 撮像時間短縮およびアーチファクト抑制はMRIにおける永遠の課題といえる。ただし、これらに対する近年の技
術革新は目覚ましい。Zoom imagingにより折り返しアーチファクトの生じない画像を得ることが可能となり、
FOV設定の自由度が向上した。また過去20年で最も注目すべき技術革新であるとも考えられるパラレルイメージ
ングは、現在も高速撮像技術の中心であり、近年これを応用して高い加速率においても低いg-factorを保つこと
ができるCAIPIRINHAおよびSMSが開発されている。これらの新しい技術について、これまでの歴史も踏まえて
紹介する。
 Scan time reduction and artifact free images can be considered as eternal task for MR imaging.
However, recent technological innovation for this task is remarkable. Zoom imaging improves the
flexibility of the field of view setting in terms of caring about aliasing artifact. Parallel imaging for the
fast imaging must be one of the most influential innovation in the past twenty years. Recently, new
techniques named CAIPIRINHA and SMS applied with parallel imaging have been developed. Both
enables to keep lower g-factor distribution even at a higher acceleration factor.

RadFan2016年9月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る