マルチモダリティ対応の INFINITTシステム導入の メリットについて

category:要旨
2016.07.28

マルチモダリティ対応の
INFINITTシステム導入の
メリットについて
社会医療法人渡邊高記念会西宮渡辺心臓・血管センター 川崎俊博

 当院では放射線科領域と検査科領域の画像を1サーバで管理している。
 超音波やアンギオ検査の動画に関しても、専用の動画サーバで管理するのではなく、院内PACSで静止画と合
わせて一括管理している。今回はそのようなシステム導入に至った経緯を記載させて頂く。
 In our hospital the multiple type of data is being managed on an integrated single server,such as
DICOM from radiology department,and Non-DICOM data from clinical equipment.
 Furthermore,multiframe data produced by ultrasound and angiography modality is being archived on
same server,even though multiframe data is usually stored and can be accessed from separated server
in most of the hospitals in Japan.We would like to explain the background our system implementation.

RadFan2016年8月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る