CTガイド下穿刺支援用 スマートフォンアプリケーション

category:要旨
2016.07.28

CTガイド下穿刺支援用
スマートフォンアプリケーション
松山市民病院放射線科 平田雅昭

 CT透視を使用しないCTガイド下穿刺では、術者は穿刺計画画像を参照に目測で針の角度を決定し穿刺する必
要がある。簡単かつ正確な穿刺を実現するためにスマートフォン用のアプリケーションを開発した。端末に角度を
入力するとガイドラインが表示され、ジャイロセンサーの働きで自動的に適切な角度が保たれる。ガイドラインに沿
って針を進めるのみで正確な穿刺が完了する。本稿ではその機能と使用方法について解説する。
 In CT-guided puncture, with traditional step-wise approach(non-use of CT fluoroscope), physician has
to define the angle of puncture needle by eye measurement as planned on the reference images.This
process depends on the physician’s sense and can be a cause of inaccurate puncture with large angle
error.To overcome this, we developed a smartphone application.After defining the appropriate puncture
site and needle angle, the needle angle is inputted into the smartphone.Then, the smartphone displays a
guideline.While holding the smartphone at any angle, it automatically rotates the guideline to maintain
the appropriate angle using the gyroscope function.All physicians have to do is advancing the needle
along the guideline shown on the device.

RadFan2016年8月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る