嚢胞性病変に対する 経皮的硬化療法

category:要旨
2016.07.28

嚢胞性病変に対する経皮的硬化療法
北海道大学病院放射線診断科
作原祐介、 阿保大介、 曽山武士、 森田 亮、 工藤與亮

 腫大による圧迫や疼痛などの症状を呈する嚢胞性腫瘤(parasitic cystic lesionsを除く)に対する経皮的治
療として、簡便性からまず画像ガイド下穿刺吸引・ドレナージカテーテル留置が行われる。しかし吸引のみではしば
しば再発するため、同時に硬化療法が行われることも多い。本稿では肝嚢胞、腎嚢胞、リンパ嚢胞に対する経皮的
硬化療法について、文献的考察を交えて概説する。
 Image-guided percutaneous aspiration or drainage catheter placement is the first-line, minimally
invasive therapy for symptomatic cystic lesions (non-parasitic). However, needle aspiration or
drainage catheter without sclerotherapy is known to be associated with a high recurrence rate.
Sclerotherapy can be beneficial for lasting treatment effect and is sometimes used in combination with
aspiration or drainage catheter placement. We describe the percutaneous sclerotherapy for hepatic
cysts, renal cysts and lymphoceles, and review the related literature.

RadFan2016年8月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る