Where どこでどの前処置を行う? 大腸CT検査の前処置法 ─ 院内 or 在宅 ─

category:要旨
2016.06.29

Where どこでどの前処置を行う?
大腸CT検査の前処置法─ 院内 or 在宅 ─

榊原サピアタワークリニック放射線部 伊山 篤

 大腸CT検査の腸管前処置法は、全大腸内視鏡検査や注腸X線と同様に多量の腸管洗浄剤を検査当日に院内で
服用する方法が一般的である。しかし、頻回の下痢や、腹満感、嘔気などのために受診者への負担は大きい。在宅
で低用量の腸管洗浄剤を服用する前処置法はタギング技術により、受診者の受容性を担保しつつ確実な検査が可
能である。今回、通常前処置法と低用量前処置法の腸管内残渣の状態とタギング能を評価した。
 Standard investigation by CT colonography, colonoscopy or barium enema requires full-laxative
bowel preparation on the day of examination in a hospital. The full-laxative are major burden for the
participant, interrupting normal daily activities because of severe diarrhea and side effects like
abdominal discomfort, nausea and vomiting. Minimum-laxative bowel preparation CT colonography is a
reliable with fecal tagging technique, well-tolerated alternative, finished before coming hospital. The aim
of this report is to retrospectively assess the cleansing and tagging quality for both full- and minimumlaxative
preparation.

RadFan2016年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る