When いつ大腸CTを導入して、 いつ完成させるか?

category:要旨
2016.06.29

When いつ大腸CTを導入して、いつ完成させるか?

NTT東日本伊豆病院 丸山 健、 和田幸司、 野村美由紀、 滝口昇吾

 新しい検査の導入や実施には、苦労が伴う。大腸CT検査も同様である。
 導入には施設内での手続きやワークフローの確立、検査技術の習得などが必要で、導入後も継続して実施して
いくためスタッフへの教育や受診者への案内や啓蒙活動などが必要である。
 検査の導入準備にあたり様々な疑問や障壁が生じる。我々の導入経験をもとに、検査を"いつ"導入して"いつ"
完成させるか、任意型検診目的の大腸CT検査導入の実際について、その必要性や検査を完成させるまでのポイン
トを述べる。

 We introduce our actions in building a successful screening CT colonography program, which has
already become an essential part of colorectal cancer screening at our hospital. The concept of
success in this review refers to the following: 1, when we start to provide less-invasive yet effective
whole colorectal screening through the use of CT colonography; 2, how to interweave CT colonography
into an already established sigmoidoscopy and fecal immunochemical test program while maintaining
cooperation and collegiality with gastroenterology, radiology and nurse colleagues; and 3, how to
prepare proper equipment and techniques, and educational activities for the patients.

RadFan2016年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る