乳腺診療における インターベンション

category:要旨
2016.06.10

乳腺診療におけるインターベンション

三井記念病院乳腺内分泌外科科長 辻 宗史

 乳癌サブタイプにより治療方針が大きく左右されるため、治療前により多くの
組織検体を採取することが求められる。そのため穿刺吸引細胞診より針生検や
吸引式組織生検を多用する傾向にあるが、患者への侵襲や合併症などを考慮す
ると、様々なインターベンションの特徴を理解し、適切なモダリティを選択すること
が最も重要である。

 For therapeutic strategy is greatly affected by breast cancer subtype, it
is required to collect a lot of tissue specimens by the pre-tre atment. So we
tend to use CNB or VAB than FNAC.But considering the invasion and
complications to a patient, it is most important to understand the features
of the various intervention and to select the appropriate modality.

RadFan2016年6月臨時増刊号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る