PET/CT

category:要旨
2016.06.10

PET/CT

慶應義塾大学医学部放射線診断科核医学部門 村上康二

 2002年に保険適用となったPET検査も現在では広く臨床に使用され、乳癌診
療には不可欠な検査法として確立された。標準的な使用法や適用については乳
癌診療ガイドラインや画像診断ガイドラインに記載があり、エビデンスの蓄積と
共にPETに関する記載も徐々に変化している。本稿では最新の2015年版に基づ
き概説した。またPETカメラも進化が続いており、空間分解能に優れた乳腺専用
PET装置が国内数カ所で稼働している。PET/MRIもすでに臨床応用されており、
今後乳癌診療における有用性が報告されてくるものと思われる。

 Clinical indication and suitable direction for use in FDG‒PET for breast cancer
are introduced based on new Japanese guideline for clinical practice in breast
cancer and Japanese guideline for diagnostic imaging. The descriptions
in guideline are gradually changed according to accumulation of
evidences. I also introduced state‒of‒art PET camera including PEM(PET
mammography) and PET/MRI. As both instruments are already approved
as medical devices in Japan, the efficacy of these devices for c linical
practice in breast cancer may be examined and reported in near future.

RadFan2016年6月臨時増刊号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る