40歳代の乳癌検診に もうひとつの選択枝 ~乳房トモシンセシス~

category:要旨
2016.06.10

40歳代の乳癌検診にもうひとつの選択枝 ~乳房トモシンセシス~

名古屋医療センター放射線科 大岩幹直

 40歳代の日本人女性は高濃度乳腺の頻度が高いため、マンモグラフィでの乳
癌発見率は十分に高いとは言えない。乳房トモシンセシスは断層像を生成するこ
とにより、2Dマンモグラフィでは発見が難しかった乳腺濃度に隠された病変を描
出できる有望な手法であるが、検診に用いるためには被曝の低減が必要である。

 Many Japanese women in the 40s have dense breasts, thus screening
mammography may be insufficient to detect breast cancers for them.
Tomosynthesis is considered to be a promising technology that improves
detection of lesions overlapped with dense gland in 2D mammogram. For
tomosynthesis to be widely used in breast screening, dose reduction is
necessary.

RadFan2016年6月臨時増刊号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る