見えてきた放射線医学物理の潮流

category:要旨
2016.06.01

見えてきた放射線医学物理の潮流

東京女子医科大学 松原礼明

今回のJSPMでは留学生や海外からの参加者による登壇数の急増が目立ち、また留学生交流セッションが
設けられるなど以前にも増して国際化が進んでいるようだ。内容的には人工知能に結びつく技法を使った演
題がちらほら見られ、今やこの技術は研究者には必須の教養になりつつあると感じた。

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る