今回のJRCから見えた放射線治療業界の今後

category:要旨
2016.06.01

今回のJRCから見えた放射線治療業界の今後

広島がん高精度放射線治療センター 小澤修一

今年のJRCを放射線治療に従事する医学物理士の立場で評価すると、嵐の前の静けさといった雰囲気の会
議だったように思う。私の知る限り、3学会及びITEMで新規性が高いものは殆ど見受けられなかったが、今
後の伸び代が期待できそうな話題が幾つか見られた。私からJRC2016のキーワードとして、MRIリニアック、ク
ラウド、国内メーカ台頭の予感、を挙げたい。

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る