台形クロス注入法による肺動静脈1相

category:要旨
2016.06.01

台形クロス注入法による肺動静脈1相撮影

亀田総合病院 八巻 伸

 VINCENT(富士フイルム)は通常の造影1相撮影で肺動静脈の分離をすることが可能であるが、肺動静脈の自
動抽出には限界があり、抽出間違いや抽出できない場合が多く見られた。顔認識技術を応用した形体認識と肺動
静脈のCT値差を利用していること以外は公になっていない。そこで肺動静脈の自動描出が向上する造影プロトコ
ルを決定した。
 Automatic segmentation of pulmonary artery and vein is possible with single phase contrast imaging
by the use of VINCENT (Fuji film) image integration module. However, there are limitations to this
automatic segmentation with many cases of segmentation errors and failures. Everybody do not know
except form recognition by applying the face recognition technology and CT density difference of
pulmonary artery and vein. Therefore, we created new contrast protocol to improve automatic
segmentation of pulmonary artery and vein.

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る