急性冠症候群に対する心臓CTの心筋灌流評価

category:要旨
2016.06.01

急性冠症候群に対する心臓CTの心筋灌流評価

みなみ野ハートクリニック放射線科 望月純二

 救急外来において急性冠症候群を除外するためにCTを用いることの有用性が報告されている。しかし、高度石
灰化のある冠動脈病変の評価などは困難な場合も経験する。我々の検討では、冠動脈評価に加え心筋灌流異常を
評価することで、高い精度で責任冠動脈を検出できることが示唆された。本稿では、臨床例を示し心筋灌流評価の
有用性を述べる。
 CT examination in emergency room has been reported its utility as a diagnostic tool to rule out acute
coronary syndrome. However, it is often difficult to assess coronary artery disease with severe
calcification accurately. We confirmed that the assessment of abnormal myocardial perfusion in
addition to assessment of the coronary artery enable to detect the culprit coronary artery with high
accuracy. In this article, I describe the utility of assessment of myocardial perfusion showing some
clinical cases.

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る