TBT法を用いた肺動静脈分離撮影の紹介

category:要旨
2016.06.01

TBT法を用いた肺動静脈分離撮影の紹介

札幌医科大学附属病院 小倉圭史

 2009年に山口らによってTBT(Test Bolus Tracking)法1)が報告された。本方法は選択的に目的血管を描
出できる優れた造影手法である。肺動静脈の分離撮影に対しても効果的に活用することができる。今回、当院の肺
動静脈分離撮影に対するTBT法のプロトコルおよび症例を紹介する。
 The test bolus tracking (TBT) method which a revolutionary injection method of contrast medium1)
was reported by Yamaguchi et, al. in 2009. This method is an excellent injection technique that can be
selectively visualized target vessel. This technique can be effectively utilized also for the separated
scan method of the pulmonary artery and pulmonary vein.
 In the present report, the separated scan method of the pulmonary artery and pulmonary vein of our
institution and introduces the clinical cases was useful.

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る