RFA治療支援における改良マイクロコンベックスプローブとボリュームナビゲーション

category:要旨
2016.04.27

RFA治療支援における改良マイクロコンベックスプローブと
ボリュームナビゲーション

東京医科大学消化器内科
竹内啓人、小林功幸、杉本勝俊、吉益 悠、笠井美孝、小川紗織、
小島真弓、佐野隆友、古市好宏、中村郁夫、森安史典

 RFAによる治療成績を向上させるためには、1)肝細胞癌結節の検出、2)結節のターゲティングと穿刺、3)ラジオ波焼灼、4)治療効果判定の各ステップをUSガイド下で確実に行うことが重要である。今回我々は改良したマイクロコンベックスプローブとボリュームナビゲーションを用いて、肝細胞癌に対するRFA治療支援を行い、その有効性を確認したので報告する。
 In order to improve the precision of the treatment of RFA, a novel microconvex type probe and the volume navigation system were developed. In bipolar RFA, distance reading with both 3D GPS markerTM and Virtu-TRAXTM was useful in monitoring the real-time distance between RFA needle tips. A novel USUS fusion image using 3D GPS markerTM can display the virtual HCC nodule prior to RFA and safety margin and also assess the ablative margin during RFA. Thus, this modality can be used as a precise RFA treatment support system.

RadFan2016年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る