超音波Fusion技術の装置間比較

category:要旨
2016.04.27

超音波Fusion技術の装置間比較

宝塚市立病院消化器内科
田中弘教、高田珠希、池尾光一、川端一美、井上祐真、井上義仁、
内橋孝史、宮本勇人、山崎之良、田村公佑、柚木崎絋司、李 兆亮、
宮崎純一、阿部 孝

 本年から超音波主要5社全ての超音波機器でFusion技術が使用可能となった。今回これら全ての機器を比較検討できたため、現時点におけるFusion技術を比較検討した。いずれの機器でも良好なFusion画像を得ることができたが、操作性や機能には差異が認められた。今後は治療に限らず、肝腫瘍のスクリーニングや精査にも応用が期待される。
 2015 was a year which fusion technology has become available in the high-end ultrasound machines of all five major ultrasonic companies. Since we have a chance to use all these devices, we compared with these fusion technologies at the present time. Although sufficient fusion images were obtained in any equipment, some differences are confirmed in operability and function. These fusion technologies were expected not only the treatment of liver tumor, but also the screening and scrutiny of the abdomen.

RadFan2016年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る