肝腫瘍鑑別診断における造影SMIの有用性

category:要旨
2016.04.27

肝腫瘍鑑別診断における造影SMIの有用性
Usefulness of contrast SMI for
differential diagnosis of hepatic tumor

小島真弓、杉本勝俊、小林功幸、竹内啓人、小川沙織、佐野隆友、
古市好宏、中村郁夫、森安史典

 東芝メディカルシステムズ社が開発したSuperb Micro-vascular Imaging(SMI)は造影剤を用いることなく高フレームレートで微細な低流速の血流を描出することが可能となった。我々は肝腫瘤造影時に用いることで診断の一助となる可能性があり、有用と考えられる症例があったので報告する。
 The high frame rate made the description possible the blood style at minute low flow velocity as Superb Micro-vascular Imaging(SMI) did not use the contrast medium.
 It reports because there was a case regarded that useful for the diagnosis to use SMI together with contrast enhanced ultrasonography.

RadFan2016年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る