肝臓のエラストグラフィーの新旧対決 ―東芝SWE(version 5)の検討

category:要旨
2016.04.27

肝臓のエラストグラフィーの新旧対決
―東芝SWE(version 5)の検討

*1虎の門病院肝臓センター *2同分院臨床検査部
斎藤 聡*1、伝法秀幸*2、窪田幸一*2

 機械的な加圧のTransient Elastography(TE)やpoint shear waveのVTQ以外にカラーマップを有する、shear wave elastography(SWE)が開発された。その1つである東芝-SWE(version 5)に関して、TEやVTQと同時に測定し、比較検討したところ、カラーマップでアーチファクトを回避して、皮下厚2cm以下の症例に関しては良好な相関関係がみられた。また、正常肝の肝硬度ではTEやVTQよりも若干高値であった。
 For liver stiffness measurement differs from the Transient Elastography (TE) and VTQ, has a color map, shear wave elastography (SWE) was developed. For Toshiba -SWE (version 5) is one of them, it is measured simultaneously with the TE and VTQ, revealed that were compared, it is possible to avoid artifacts in the color map, a good correlation with respect to the subcutaneous thickness 2cm following cases seen it was. In addition, the liver stiffness of normal liver was slightly higher than the TE and VTQ.

RadFan2016年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る