腹部超音波技術の進歩 ━ 局所治療支援としての超音波の現状と展望

category:要旨
2016.04.27

腹部超音波技術の進歩
━ 局所治療支援としての超音波の現状と展望

国際医療福祉大学 山王病院 がん局所療法センター 森安史典

 肝癌、膵癌の局所治療法にIRE(Irreversible electroporation)が加わり、その有効性と安全性が向上した。IREは、2008年に米国で市販され、軟部組織の悪性腫瘍の治療に広く使われるようになった。中でも膵癌は放射線療法以外によい局所療法がないことから、IREの治療対象として注目されている。IREはnon-thermal ablationの局所治療法であり、胆管、膵管、血管、消化管などの構造を温存して、細胞のみに細胞死を惹起せしめることから、切除不能局所進行膵癌の治療法として期待されている。この治療法の有効性を引き出し、安全性を高めるために、画像診断、とくに超音波画像技術の進歩がその背景にある。
 本稿では、IREの原理から臨床応用まで、肝癌、膵癌の新治療法について概説する。
 Irreversible electroporation (IRE) is a new therapeutic modality for cancers of the soft tissue. IRE provokes cell deaths between inserted several electrode needles using high voltage electronic currency up to 3,000 V. IRE is categorized to a non-thermal ablation technique because of very short length of direct-current electricity up to 100 micro-seconds and therefore there is no elevation of temperature.
 Locally advanced pancreatic cancer (LAPC) is one of the most suitable application for cancer therapy of IRE. This is because IRE can bring total cell kill without damage to the vascular and luminal structure such as arteries, portal veins, biliary and pancreatic ducts, which are composed of collagen and elastic fibers.
 Principles and practices of IRE therapy for pancreatic cancer are described in this chapter.


RadFan2016年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る