PACSの無限の保存デバイスとしての外部保存

category:要旨
2016.03.30

PACSの無限の保存デバイスとしての外部保存

北海道情報大学医療情報学部医療情報学科 上杉正人

 PACSの歴史は、如何により大容量のデバイスを手に入れるかという歴史であった。いま私たちは外部保存というデバ
イス(サービス)を手に入れることができる。この外部保存のメリットを強化しコストを低減する方法について検討した。ま
た、将来の保存コストやインターネットに流れるトラヒックを仮定しネットワークへの負荷についても考察を行った。
 The history of PACS was how to get the device of large capacity for image storage. We can get the
device (as a service) referred to as a remote storage now. But everybody who considers the
introduction asked what the remote storage cost is not reasonable. We discuss here the reduction measures
of remote storage cost, future storage cost and remote network cost.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る