放射線治療医学物理学における最新動向とトレンド

category:要旨
2016.03.30

放射線治療医学物理学における
最新動向とトレンド

広島がん高精度放射線治療センター 医学物理士長 小澤修一

 私が放射線治療医学物理学の業界に入ったのが2006年からであり、今年でちょうど10年になる。これまでの10年を
振り返ってみると、各種技術革新もあり、放射線治療における大きな変革期であったように思うが、今後もまだまだこの業
界の進化は継続すると予想している。今回は、私が最近注目している最新のトピックについてご紹介したい。
 It is from 2006 that I entered the world of radiation oncology physics, and it has just passed ten years
in this year. There were various technology innovations in radiation oncology physics, so that I look
back in the last decade for the big change period in the radiation therapy. However, I expects it will
continue the evolution of radiation oncology physics still more in future. In this article, I would like to
introduce the new topics that I am very interest in recently.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る