ワークステーション新時代の幕開け

category:要旨
2016.03.30

ワークステーション新時代の幕開け
〜新たな応用へ〜

独立行政法人国立病院機構山形病院放射線科 立石敏樹

 近年、CT装置の新たな画像再構成法やDual Energyによるスペクトラル解析等、画像診断装置の高性能化と大量に
発生するボリュームデータにより、ワークステーション機能も様々な変遷を遂げている。また、CT画像だけでなくMRI画
像や様々な解析ソフトの充実といったオールインワンの機能を求められており、ワークステーションは新たな時代へと突
入している。本稿では、現状の開発状況から見たワークステーションの今後の展望を予測する。
 The function of the Workstation has also achieved various changes by new imaging reformation method
of CT, spectral analyses by Dual Energy, superior performance of a image diagnostic system and the
volume data which occurs in quantities in recent years. When you can find the function of the all-in-one
such as MRI as well as CT and substantiality of various analysis software, the Workstation is rushed to the
new generation. Future’s view of the Workstation judged from the development circumstances of the current
state is predicted by writing.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る