マンモグラフィのトレンドと動向

category:要旨
2016.03.30

マンモグラフィのトレンドと動向

独立行政法人国立病院機構東名古屋病院 遠藤登喜子

 マンモグラフィはデジタル化とともにソフトコピー診断化が急速に進行しているが、モニタの表示性能は不十分であり、
早急な性能向上が望まれる。一方、診断能の向上を期待できる新たな技術にトモシンセシスがあり、その普及が予感され
る。そのためには、診断性能の低下をきたさない線量低減技術の開発が期待される。
 In Japan, digital mammography and softcopy diagnosis are prevailed rapidly. But even if we use
dedicated monitors for mammography, it’s capability for display is below compared with
mammography film. The boost of the brightness is one of the provisions and the realization of it is expected
now. We think that the new technology expected for progress the mammographic diagnosis is breast
tomosynthesis. And it’s rapid popularization is expected now. To realize the breast cancer screening using
breast tomosynthesis, development of the dose reduction technology with no declination the diagnosing
ability is anticipated.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る