長尺撮影 過去から未来

category:要旨
2016.03.30

長尺撮影 過去から未来

東京女子医科大学東医療センター 油原俊之

 長尺撮影はさまざまな方式が混在し実際に運用されている大変ユニークな存在である。シングルショット法から始まっ
た長尺撮影はFPDの登場によりマルチショットとなり、さらにワイヤレスFPDの普及により、今またシングルショット法の
利点が再評価され始めている。
 The long-length imaging system has been routinely performed to obtain radiographs of the whole spine
or lower extremities using various techniques and thus considered as a unique imaging examination in
clinical settings. Conventional system could be performed only using a single-shot technique. In digital
long-length imaging system, advent of flat-panel detector (FPD) systems enables use of a multi-shot
technique; and currently, widespread use of wireless FPD systems has revived the usefulness of the singleshot
technique.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る