2016 MRI最新動向

category:要旨
2016.03.30

2016 MRI最新動向

京都大学医学部附属病院放射線診断科 岡田 務

 近年のMRIにおける、3種類の新たな動向をまとめている。高コントラストに加えて機能情報、血流情報を得られる7T
MRI、高磁場MRIとは逆に低磁場・低コスト・小型のMRIを供給する日本発の試み、日常臨床での撮影時間短縮だけでなく
膨大な拡散強調画像データの取得により脳内のシナプス結合回路の解明にも不可欠な撮影高速化についてである。
 General remarks in the state-of-art MR imaging have been summarized according to the following three
topics. 7T MRI with higher contrast resolution provides both anatomical and functional information. A
novel technology from Japan for low cost scanner may enable MR practice in a way that was not expected
before. Faster acquisition technique is a key technology for Human Connectome Project with numerous
numbers of brain diffusion images as well as for shorter daily clinical examination.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る