2016年のトレンド:逐次近似画像再構成

category:要旨
2016.03.30

2016年のトレンド:逐次近似画像再構成

広島大学 檜垣 徹、粟井和夫

 CT分野における2016年のトレンドの1つとして逐次近似再構成法が挙げられるだろう。近年のCT装置の機能は様々
な方面へ発達しているが、逐次近似画像再構成法はそれらを根底から支える基礎技術となるであろう。本稿ではまず画
像再構成法の基礎について解説し、次にCTの様々な機能と逐次近似画像再構成法を組み合わせた活用法について述
べる。
 In 2016, one of the trend forecast in CT field is iterative reconstruction(IR). The IR will be a
fundamental technique of CT scanner, which keeps on evolving to get various unique functions. In this
article, first we overview the reconstruction technique of CT, next we discuss combination use of the IR and
various CT functions.

RadFan2016年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る