オープン型MRIとコンパクト型 16列CTをフル活用して 地域医療に貢献

category:要旨
2016.02.29

オープン型MRIとコンパクト型16列CTをフル活用して地域医療に貢献

須藤正人
すとうmriクリニック

地方では居住地が広く拡散しており、都会のように病院や診療所が近隣にない場合が多い。地域の病院では待
ち時間なども長くなりがちで、体調が悪い方や時間の都合がつかない方が受診を躊躇し、状態が悪化する場合も
見受けられる。そのような環境の中で、最新の検査体制を整えた診療所は地域医療の最初の受け皿としてその重
要性を増している。
 A place of residence spreads widely in the district, and there are many cases that the neighborhood
does not have a hospital and a medical office like a city. The waiting time is apt to become longer at a
local hospital, and an ill-conditioned person and inconvenient time hesitate about consultation and are
supposed when a state turns worse. In such an environment, the medical office which fixed the latest
diagnostic system adds to the importance as the first saucer of the community medicine.


RadFan2016年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る