RSNAへの道、IVR編

category:要旨
2016.01.28

RSNAへの道、IVR編

塚田実郎
Dept. of Applied Medical Engineering, RWTH Aachen University
慶應義塾大学医学部放射線診断科

Interventional Radiology(IVR)を専門としていますが、放射線科医として一度は
RSNAに参加してみたいという思いから今回演題を投稿し、初参加となりました。演
題は喀血に対するIVRマネージメントと称し、喀血の機序や疫学、従来のBronchial
Artery Embolization(BAE)を基本とする治療概念から報告されている治療成績
のまとめ、さらには近年のTopicsである肺動脈由来の喀血のマネージメントにつ
いてEducational Exhibitとして紹介させて頂きました。

RadFan2016年月2号目次に戻る

このページの先頭へ戻る