救急医療におけるワークステーション活用術

category:要旨
2015.12.25

救急医療におけるワークステーション活用術

梁川範幸
東千葉メディカルセンター

 我々診療放射線技師は外傷初期診療ガイドライン(JATEC)などを熟知しCT撮影のプロトコルを総合的視野で
構築し、ワークステーションの機能を十分に把握して、“スピードとの闘い”に対応することが、迅速な画像提供を要
求される救急医療現場にとっては非常に重要である。
 It is very important for Radiological Technologists to know a lot about Japan Advanced Trauma
Evaluation and Care(JATEC), to construct CT Scan Protocols with comprehensive perspective, to grasp
function of workstation sufficiently, to deal with“ battle against time” in the scene of emergency medical
service that is to be supplying images rapidly.

RadFan2016年月1号目次に戻る

このページの先頭へ戻る