超エキスパート施設紹介 世界初のハイブリッドERシステムが外傷診療にもたらす恩恵とは?

category:要旨
2015.12.25

超エキスパート施設紹介 世界初のハイブリッドERシステムが外傷診療にもたらす恩恵とは?

吉川吉曉、藤見 聡
大阪府立急性期・総合医療センター 高度救命救急センター

 外傷診療において、CT検査は治療戦略を構築するうえで極めて有用なツールである。一方で、時間的制約、移
動の必要性から、その適応は限られていた。我々は、2011年8月に世界で初めて、初療室内にIVR-CTシステムを
設置することにより診断と治療を同じ寝台で移動することなく行えるハイブリッドERの運営を開始したので、その
有用性を紹介する。
 In August 2011, we installed a sliding CT scanner with interventional radiology features (IVR-CT) in
our emergency room that allows emergency bleeding control without relocating the patients. IVR-CT
system in the emergency room can facilitate definitive interventions earlier in comparison with a
conventional CT system. And, this system enables the examination of CT scan on severe trauma
patients, which was never possible before. So, this new system might contribute the beneficial effects
on survival in patients with critical blunt trauma who required emergency bleeding control.

RadFan2016年月1号目次に戻る

このページの先頭へ戻る