術中造影超音波でも見つからない大腸癌肝転移 ~求められるナビゲーションの精度についての考察

category:要旨
2015.12.07

術中造影超音波でも見つからない大腸癌肝転移
~求められるナビゲーションの精度についての考察

日本赤十字社医療センター肝胆膵外科
高本健史、 橋本拓哉、 井上和人、 丸山嘉一、 島田 恵、 幕内雅敏

 大腸癌肝転移の術中超音波での同定率について検討した。全547腫瘍のうち88%は、視診・触診と非造影超音
波で同定可能だったが、7.9%はSonazoid造影超音波で初めて見つかった。それらの特徴は、直径約5mmで、肝
表からの深さが腫瘍径の2倍以上だった。新たな術中ナビゲーションの精度誤差は、5mm未満でなければ、
Sonazoid造影超音波に敵わないと考察された。

 We examined the detectability of colorectal liver metastases using intraoperative ultrasound (IOUS).
Conventional screening method by palpation, visual examination, and fundamental ultrasound detected
88% of all the included 547 tumors and 7.9% were detectable only by contrast-enhanced IOUS. These
tumors had around 5 mm in diameter and were located more than twice of the diameter deep from liver
surface, which suggests that precision error of <5mm is required for intraoperative navigation systems
under development for practical use.

2015年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る