肝癌の精密診断における造影3D超音波の有用性

category:要旨
2015.12.07

肝癌の精密診断における造影3D超音波の有用性

旭川医科大学内科学講座病態代謝内科学分野
麻生和信、 岡田充巧、 玉木陽穂、 須藤隆次、 太田 雄、 大竹 晋、鈴木裕子、 岩本英孝、 高橋賢治、 山北圭介、北野陽平、和田佳緒利、羽田勝計

 肝癌切除例を中心に造影3D画像と病理像との関連について検討した。造影3D後血管像は肝癌の組織分化度
が低下するにつれて明瞭な欠損像を呈した。造影3Dは肝癌の腫瘍形態診断および組織分化度診断に有用性が示
唆される。

We investigated the correlation between image of contrast enhanced three-dimensional
ultrasonography (CE3DUS) and pathological finding of hepatocellular carcinoma (HCC) which was
surgically resected. As HCC became less differentiated, defect image in the post vascular phase of
CE3DUS was detected more clearly. CE3DUS would be useful tool for the accurate evaluation of tumor
morphology as well as histologic differentiation of HCC.

2015年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る