Coded Harmonic Image による造影US下リアルタイム穿刺

category:要旨
2015.12.07

Coded Harmonic Imageによる造影US下リアルタイム穿刺

神奈川県立がんセンター消化器内科
小林 智

 Tissue harmonic imagingでも、MI値を約0.2程度に設定することで、ソナゾイド®を使用した造影超音波が
実施可能となる。この撮像法では、造影により病変を特定しやすくなるのと同時に、背景の画像も鮮明となるため、
造影しながらの穿刺手技に適しており、新たな撮像法として有用と考えられた。

 LOGIQ E9, ultrasound sonogram system of GE Corporation, use phase inversion imaging in contrast
enhanced mode. However, we cannot see the needle clearly in this image and further development of
imaging is warranted. We used tissue harmonic imaging with low mechanical index in contrast enhanced sonography, and it could show clearly both the target lesion enhanced by perflubutane and the needle.
We reported two cases in which this imaging was useful for radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma.

2015年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る