ドイツにおけるがん医療と放射線治療

category:要旨
2015.11.24

ドイツにおけるがん医療と放射線治療

群馬大学・重粒子線医学研究センター
加藤弘之

Germany, which has high income and high quality medical
system, is sometimes thought as a country that is most
similar with Japan among European countries. In fact, both
countries have almost same high life expectancy that is over than
80 years old, almost same aging of the population and face almost
same declining population. Of course there are many different
points from Japan, such as a number of physicians per capita and
a proportion of women in physicians, which are very larger than
Japan. This paper introduces briefly the cancer healthcare and
radiotherapy in Germany.

 ドイツは、高い国民所得と高度な医療システムを有しており、またそれら
を成し遂げた国民性から、ヨーロッパの諸国の中では、日本と近似している
と述べられることも多い。そのドイツのがん医療と、自身の留学先であるハ
イデルベルグ大学・放射線科について、留学生活で感じている日本との違
いを交えつつ概要を紹介する。

2016年11月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る