神奈川県立がんセンターにおける重粒子線治療 〜i-ROCK運用開始にむけて〜

category:要旨
2015.11.24

神奈川県立がんセンターにおける重粒子線治療
〜i-ROCK運用開始にむけて〜

神奈川県立がんセンター重粒子線治療科部長
野宮琢磨

Carbon ion radiotherapy will be started in Kanagawa Cancer
Center in December 2015. The institution has been named
i-ROCK (ion-beam Radiation Oncology Center in Kanagawa), and
the institution has scanning irradiation system and in-room CT. The
i-ROCK has been constructed next to the cancer center hospital, so
comprehensive medical care would be provided to the patients.
Our belief is to provide the best medical care to the patient.

 神奈川県立がんセンターでは2015年12月より重粒子線治療の運用が
開始される。施設名はi-ROCK(アイロック:ion-beam Radiation Oncology
Center in Kanagawa)に決まり、スキャニング照射とin-room CTという最
新設備を備えた施設である。がん診療拠点病院併設という恵まれた環境を
生かしてがん治療のさらなる発展を目指す。

2016年11月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る