北海道における陽子線治療および高精度放射線治療センターの目的

category:要旨
2015.11.24

北海道における陽子線治療および高精度放射線治療センターの目的

札幌禎心会病院陽子線治療センター
舘岡邦彦、高木 克、晴山雅人

Sapporo Teishinkai hospital is opened to provide medical care
of three major diseases such as cancer, stroke and heart
disease. For the cancer treatment, our mission is to provide the
high quality customization medical treatment to meet different
individual patient needs. Furthermore, our radiotherapy provide
the high quality radiotherapy for patients using proton treatment
machine and high quality radiation treatment machine with image
guided machine and radiation treatment positioning systems.

 札幌禎心会病院はがん・脳卒中・心臓病という三大疾患を中心とした診
療を目的として開設した。がん診療においては、患者さん一人ひとりの状態
やご希望にあう、オーダーメイドの先進的な医療の提供を目指す。さらに、
陽子線治療機器や高精度放射線治療機器を画像誘導装置と放射線照射
位置解析システムを用い、患者さんに最高の放射線治療を実施する。

2016年11月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る