陽子線治療の適応

category:要旨
2015.11.24

陽子線治療の適応

筑波大学附属病院陽子線治療センター
石川 仁、大西かよ子、水本斉志、粟飯原輝人、関野雄太、
武居秀行、神澤 聡、奥村敏之、坪井康次、櫻井英幸

Good indication of proton beam therapy (PBT) is when it
increases the anti-tumor effect and/or sufficiently decreases
long-term morbidities compared with radiation therapy using photons,
taking cost-effectiveness into consideration. Pediatric cancer and
hepatocellular carcinoma have been treated with proton as a very
good indication in order to reduce adverse effects and to improve tumor
control. PBT will play an important role in multimodality therapy for
locally advanced cancer such as non-small cell lung cancer, esophageal
cancer, and pancreas cancer in the near future.

 陽子線治療の良い適応はX線治療を超える効果が得られるか、長期的な
副作用を大幅に軽減できる疾患である。小児腫瘍は発育障害や二次発癌
の点から陽子線治療の絶対的適応である。有害事象を軽減することで、根
治性を高められる疾患として肝細胞癌がある。今後は、局所進行癌に対す
る安全な同時化学放射線療法として陽子線の役割が期待される。

2016年11月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る